スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田・りんご並木と裏界線(その1)

iida_cover.jpg

 風越山という泰然とした山の麓、いずれも天竜川に注ぐ、松川、野底川というふたつの支流を南北の境とする、比較的広い高台に飯田の街はあります。南は三河地方、西は木曽、北は信濃の国・善光寺へ向かう交通の要衝にあり、江戸時代には幕府の直轄領・天領として栄えた伊那谷の中心地。この周辺ではかなり多くの個性的な文化、伝承芸能が生まれ育ってきています。

 飯田の街路もなかなか個性的。その代表的なものが「りんご並木」と「裏界線」です。公園の機能も併せ持った表通りである「りんご並木」と、表通りの間を繋ぐように部分的に顔を出す裏路地としての「裏界線」。とくに、この細い隠れた裏路地に「裏界線」という神秘的な名前をつけて生活道路として利用して来た飯田の街のセンス、個人的にとても好きだったりします。

 今日はその「裏界線」の様子をお伝えします。

iida1.jpg

 近年、中心市街地の活性化を目指して、飯田の人々はこの街の歴史や魅力を積極的に語り始めました。裏界線も一部が改修整備され、歴史物語を宿した市民の空間として見なおされてきています。

 1947年春に発生し市街地のほとんどを焼きつくした「飯田大火」の復興の中から裏界線は生まれました。大火のときに避難路や消防活動のための通路が無く消火活動に支障をきたしたという反省から、一軒一軒の家々が1メートルずつ家の裏手の敷地を提供し合ってこの通路を設置したのです。
 おもに隣接した家屋の延焼を防ぐ目的で設けられたようですが、そこは表通りを歩く人の目には触れない道で、勝手口から出て往来するときや、裏手の街区へ手早く抜けるときに通るような道です。めったに人は歩いていない窓のない裏壁の続く道で、本当に隠れた空間なのです。

 裏界線は場所によっていろいろな表情を見せます。整備されたところもあれば雑然と放置されたところもあります。植木やプランターで飾られているところ、自転車やバイクが置いてあったり、家や工場の裏口があったり……。

iida5.jpg

 まっすぐに区切られた街区の中央をまっすぐに抜けるので、反対側の出口をふり返るとトンネルの出口のような不思議な光が射し込んでいたりします。ちょっとSF的、異次元空間的だったりするかもしれません。

 なかなか魅力的です。
 土蔵のナマコ壁もあちこちに見られます。

 タテタカコが2005年2月にリリースしたアルバムには「裏界線」というタイトルがついています。その前年夏にリリースしたアルバム「そら」が、映画「誰も知らない」のヒットとともに音楽ファンの間に広まりつつあったこの年、飯田市内で数回に渡って行なわれたタテタカコのイベントには地元・飯田や長野県内よりもむしろ全国から人が集まり、タテタカコのホームページに掲載された飯田の街の概説を片手に裏界線を巡り歩く姿が見られるという現象が起きました。コンテンツによって街のイメージが頒布され人が集まる、という好例かもしれません。

iida9.jpg
アルバム「裏界線」のジャケットが撮影された地点

 「裏界線」という言葉には不思議な魅力があります。「裏」「界」「線」、3つの文字はそれぞれに、日常にあるような非日常にあるような、人々の隠れた心や精神を示すような、宇宙の穴のような神秘的な魅力があるのです。
 そして、あるときふと踏み入れたその場所は、裏道、抜け道であり、表通りからはほとんど見えない空間。裏壁や土蔵が続き、家によっては勝手口もあって生活道具や鉢植えが雑然と置かれていたりする。崩れて途絶えているところもあれば、家が失くなって暴かれてしまったようなところもあれば、草ぼうぼうに埋もれた場所もあります。

 どこもみんな何の変哲もないただの路地ですが、そこには大きな災害を経て生まれ、街じゅうに共有されたアイディアのエネルギーが溜まっています。転がっている石ころひとつにも、そんなエネルギーが宿っているような気がします。人々の営みが溜まった場所。それが街の魅力を生むのだとすると、裏界線はまさにそのための装置になるのではないかと思うのです。

 飯田・りんご並木と裏界線、明日はりんご並木の様子をお伝えします。

iida10.jpg

【Ngene掲載:2008年10月25日】【路地月間!⑤】

裏界線ホームページ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

宮内俊宏

Author:宮内俊宏
音楽・文化・アートを柱に、社会が、おもしろく、少し幸せになるような、いろいろなことを試みています。

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。