スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトナリ GREEN SESSION

green_cover.jpg

 古来、善光寺平から飯綱山、戸隠山に至る山岳地帯は多くの修験者や参詣者が集まる同時参詣の回廊。中間地点にある飯綱高原は古くから修験道開祖の地といわれる山岳信仰の聖地でした。
 大座法師池はそんな飯綱高原の中央に位置するカラマツ林をたずさえた標高1,030メートルの湖。すり鉢状に囲まれた山々から下りる空気の響きが集まる、今でも神秘性を失わない美しい湖です。

 この大座法師池を舞台にした今回のイベントは飯綱高原イヤー実行委員会の主催。長野市の観光キャンペーンとして通年で行なわれるさまざまな行事の一環として発案されたものです。
 一番最初にあったテーマが「エコロジー」。このあたりの湿地帯はいわば麓に広がる善光寺平の水源地のひとつ。大座法師池をはじめ飯綱高原に点在する湖沼から入り込んだ山ひだを伝って、幾筋もの沢が麓の渓谷を流れる裾花川に注ぎ込み、疎水となって善光寺平を潤してきたのです。
 どこも同じですが、山が美しいと水は清らかです。日本列島は山岳が多く、山には豊かな森林が広がっています。日本の水がおいしいのはこの地形的な幸運と気候的な幸運に拠るところが大きいのです。日本の人々は、もっと山や森林について意識的になった方が良いと思います。おいしいお酒を飲むためには山の環境を整えなければいけません。

green2.jpg
GREEN LAB のテント、ソーラークッカー、グリーン・トークセッション

 グリーンプログラムと名づけた部分、いわゆるエコロジカルな活動をしている人たちに参加していただく部分なのですが、今回このグリーンプログラムの基軸を須坂市のGREEN LAB に担っていただきました。
 GREEN LAB は、もともとスノーボーダーのチームです。雪山で遊ぶことから山の環境を考え、単に「山をきれいに、地球を大切に」ということではなく、現代社会が組み込まれてしまっている反人間的、反地球的な構造からの離脱を目途した産業の創設を視野に入れて活動しているのです。
 具体的には、長野県で採れるカラマツなどの間伐材を利用したスノーボードや木製遊具の企画開発、製造をしながら、夏は農業に携わり冬は雪山を滑走する、森林を中心に農山村で豊かに、地球を磨り減らすようにではなくて、持続的に自然との共生をしながら暮らして行くためのライフスタイルを提案しています。

 グリーンプログラムは、このGREEN LAB を軸に、森や林、山のことや農業に関して適切と思える取組みをしている人たちに集まっていただきました。

 ごくう会は上田市のグループ。地球環境を保全しながら永続性のある活性土壌を作るための技術を確立しています。「いきいきみどりちゃん」というバクテリアを使い、その土壌とそこに生息する動植物や微生物のことを考えながら、その土地に合った活性土壌の作り方を試行し、元気な土からおいしい野菜を産み出し、それを適正な方法や価格で販売するまでを構築します。それらのプロセスを旧来の市場経済や統制農業のような効率重視の画一的な仕組みではなく、その土地や地域に備わっているものを使って組上げようというコンセプトなのです。あ、有機燃料も作れます。

 NICEは、環境、農業、福祉、教育、文化などさまざまな分野でワークキャンプなどのボランティア活動を行うNGOです。長野県内でも清内路村などで継続的にワークキャンプを行なっていて、村の中と外を面白く豊かに繋げる活動をしています。
 みどりの市民、市民の森づくり、CLUBSUNDAY、マイ農家クラブ、いろいろな団体が持続可能な循環型の仕組みを、この地球環境の中にセットしようと努力しています。

 戦後、経済効率を一義的に追求し、森林を放置し、農地を切り捨て、化学肥料や農薬で土壌を汚し、ゴリ押しの大量生産大量消費を長い間続けて崩壊させてしまった日本の基調文化としての農業や林業を、こういうひとつひとつの取組みによって甦らせることができるかもしれないと思います。

green3.jpg
テントギャラリー

 テントギャラリーは、数年前に勝山ゆかこさんから聞いた話が元になっています。勝山さんは人間の裸の感覚から絶対に離れない表現を、それこそのたうちまわるようにして続けて来ているアーティストです。絶対美術(という呼び方があるかどうかわかりませんが……)から早い時期に離れ、汎用的な美術の概念ではない作品が増えていった頃、取組んでいたのがテントギャラリー。「散歩してたら突然……」普通の風景の延長線上にアートを置きたい、という発想で始まった勝山さんのテントギャラリーの話でした。
 大座法師池周辺に広がるカラマツ林を見た時、その話を思い出したのです。この林の間に地球や時間や自然な人間の姿を感じさせる興味深いアートが点在したらさぞかし……。

 アートとエコロジーの関係は密接です。あるいは、同じような役割を持ったものでもあります。環境エンジニアにアートディレクションを習得した人が多いのもその表れだと思います。両方とも人々の生活を豊かにする技術です。両方とも自分の手で作ることを基本に置きます。両方ともお金を追い求めるものではありません。両方とも精神性や誇りを大切にします。両方ともクリエイティヴです。現代社会が直面している閉塞状態から抜け出すために、このふたつの分野は両輪といえるくらいに重要な要素なのではないかと思ったりしています。

green5.jpg

 今回は「オトナリ飯綱高原」のキャンペーンの一環として行なわれた「GREEN SESSION」でしたが、これは今後継続的に行なわれるべきアイディアではないかとも思っています。
 長野県という豊富な森林資源と高い山に囲まれた地域、水がきれいな冷涼な地域、おいしい農産物が他の地域よりもたくさん生産できる地域では、地球を磨り減らすようにして生きて行くのではなく、地球と一緒に、自然の中で、人間の気持ちを理由にした生活スタイルや産業を構築して行ける可能性は高いはずです。日本という国の状況や行政、政治も大きく影響することかもしれませんが、少なくとも、市民レベルでの認識は高める必要があって、自分のことは自分で、自分の手でいろいろなものごとを創造して行く姿勢を持つことは必ず問われることだと思います。

green6.jpg

【Ngene掲載:2008年8月16日】
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

宮内俊宏

Author:宮内俊宏
音楽・文化・アートを柱に、社会が、おもしろく、少し幸せになるような、いろいろなことを試みています。

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。