スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~勝山ゆかこインタビュー [前編] ~

katsuyama.jpg

 テントギャラリー。
 広場の片隅や、野原、林の中や近所の河原に、突然、白いテントが現れて、その中に、いろいろな造形表現が並んでいる。犬の散歩の途中で「なんだろう」って覗いてみる、アートのありかた。

 勝山さんの表現活動には、それによってオーソライズされたいとか、成功したいというような意欲が見られません。誰もいないところで、独りで、ひっそりと、その活動を営んで、へたをしたら、そのまま何も起こらなくても良いと思っているかんじがするのです。
 その表現の素になっているのは、いったい何だろう、どこから、その力が湧いて来て、どんなふうに、見る者に伝わって来るのだろう、そんな、表現の源泉を知りたくて、勝山さんを訪ねてみました。

~勝山ゆかこインタビュー [前編] ~

ーテントギャラリーは、どんなことから発想したんですか?

 やっぱり、最初は形にこだわってて、普通のギャラリーを探したんです。けど、とっても高いんですね、借りるには。美術館も、あんまり、これだっていうかんじじゃなかった。美術館だと入場料が必要じゃないですか。観る人にお金を払ってもらうっていうこと自体が、もう自由ではないんじゃないかって。

 フランスに行ったときのことなんですけど、ギャラリーはもちろん、もっと気軽に入れるような施設が、いっぱいあったんです。それで、日本でもなんとかできないかなって思った。何かを観に行こうって、身構えて立ち寄るところじゃなくて、散歩してたら偶然、そんなものが、いつもないところにあって、立ち寄ったら偶然そういうものが観れるっていうふうに、普通の景色の延長線上にしたかったんです。

ー例えば、商店街の人なんかと一緒に、街の中に作品を展示するとか、そういう方法もあると思うんですけど

 たぶん「100%自分の城」が良かったんですね。誰とも関わりたくないというか、何か、隣のものに影響されたくなかったし、それは、やっぱり、制限とか出てくるものだし。自分の聖域を侵されたくないからなんですよね。100%自分でっていうのが理想だった。

ー他者の干渉を受けたくないっていうのは、もともと、勝山さんにはそういう性質がありますか?

 そうですね、もともとそうですね。親でさえも、幼い頃には、そうでした。自分が絵を描くときは、家の中に誰もいて欲しくないんですね。で、みんなが出かけてる時には、絵が描けるんですよ。

 ずうっと、自分を演じてたんです。人に、親に、自分はイイ子でいなきゃいけないっていう。なんか、自分でない自分でいたんですね。ほんとはネクラで、あんまり言葉も喋りたくなくて、人とも関わりたくなかったんですけど、親からは「明るい子で、明朗活発で」っていうふうに強要されてる気がして、それを演じなきゃいけないって感じてた。

 ほんとのところは、ひとりが好きで、昆虫とかいじってる方が好き。わりと、節足動物が好きみたいですね。小さい頃は、生まれ変わったら節足動物になりたいと(笑)思ってました。なんか、人間の世界より、動物の世界にすごく憧れてました。人間の良さっていうのが、まったくわからなかったんですね。ほんとに、ここ最近、一年ぐらいですね(笑)、ひとの良さっていうのに気づいたのは。

ー一番最初に、自分の表現として絵を描いたのは、いくつぐらいのときですか?

 小学校入ってすぐですね。スケッチブックと、あとは、普通の2Bとかの鉛筆1本で。

ーそのときは、別に絵を習ってたわけではないですよね?

 そうです、習ってないです。絵は、まったく一度も習ったことないです、小学校で、普通の授業で絵を描いたりする以外は。絵を描いても、誉められたことがなかったんで、私は絵が下手なんだな、としか思ってなかったですね。

ー人と接するのが苦手で、絵をとにかく描いてて、でも、その絵も誉められたことなくて、という子供時代

 そうですね(笑)。二面性があって、ほんとはネクラなのに明るい子を装ってた。けど、わりと、いじめられてることが多かったので、どんどんネクラになっていきましたね。小学校の頃は、まだ、普通に冷やかされたりするくらいだったんですけど、いじめられても泣かない子だったので、逆に、いじめられ続けちゃって。友達は、かろうじて一人か二人。高校までずっと、そんなかんじでした。クラスメイトの名前も言えないです、たぶん。誰がいたのかもわかんない。本とか、あんまり読むの好きじゃないんですけど、休み時間とか、やることないから、仕方なく本を読むフリをして時間つぶしたり。そういうことしてましたね。

ーで、ひとりになると絵を描いて。

 そうですね、家に帰って。油絵はもう小学校の頃からやってたんで、それは、たまたま学校の授業で油絵を教えてくれる教科があったので、それがきっかけで、ずっと自分で続けてましたね。でも、家でやると、やっぱり絨毯が汚れたりするんで、親には反対されて(笑)。

ーとにかく、絵を描くことが好きだったんですね、絵を勉強しようと思ったことはないんですか?

 そうですね、たぶん好きっていうより、絵を描いているときだけは自分でいられるっていう……。
 けど、勉強しようと思ったことはないですね。やっぱり、上手いって言われたことがまずなかったんで。親も「汚すだけだからやめてくれ」っていうかんじだったから(笑)。作品が出来ても、やっぱ、あの、「いらないんなら捨てるけど……」って言う(笑)そういう親だったんで。なんかわりと、ドライな関係だったんで。うっかりしてると、ほんとに捨てられちゃうんですよ。

ー大きくなったら何になる、とか、進路の問題が出て来る時期がありますよね?そのあたりは、どうやって乗り切ってたんですか。

 普通に、平凡に生きていられればいいかなって、平凡に生活できればいいって思ってましたね。何か特別な職に就きたいとか、偉くなりたいとか、まったく思ってなかったです。夢はなかった(笑)。田舎だったから、華やかな職種の人なんかも、まったく知らなかったし、たいがいは工場なんかに勤めて、普通にお母さんになって。
 大学は、本当は行きたかったんです。ずっと高校までいじめられて、というか、友達があんまりよくできなかったから、大学に行けば、ちょっとこう、何か、変われると思ってたんですね、きっと。けど、まあ、親に反対されて。

ー高校まで、ずっとひとりぼっちで、大学は、行きたかったけど行かなくて

 高校卒業して、すぐ就職しました。農協に入って3年間。わたしは、本所に行ってばりばり仕事したいと思っていたんですけど、支所に回されて、なかなか、その希望は聞き入れられなくて、他の人には、楽だからここにいた方がいいよって言われて、でも、自分の人生が終わっちゃうと思って、辞めたんです。それから、お金がいい方へとか、仕事に飽きちゃったりして、次から次へと、すぐに職を変えてましたね。途中からは、寮のある会社を選んで、家を出ました。

ーそのときも、ひとりでしたか?友達とか、仲の良い人とかは

 いないですね。職場では、ほんとに友達とかまったくできなくて、逆に、敵が多かったですね。なんかわりと、やるからには真剣に本気でやりたいんで、他の人のちょっとした、そういう、楽だからっていうかんじが許せないんですよ。私は、けっこう、休みの日も仕事の関係のことをしてたり、まわりからは、それが理解できないって疎まれて、よくぶつかってましたね。

 絵は、ずっと描いてました。職場が変わっても、画材だけは寮に持ち込んで、油絵、やってました。仕事に行く直前まで描いて、そのまま会社に行って、帰って来てまた描くっていう生活をしてました。けど、誰にもそんな話をしたことないし、誰も、それを知らない。

ー絵を売ろうとか、展覧会に出そうとか、そういうことは、なかったんですか?

 なかったです。
 誰かに言われたことがあって、「いい絵は、必ずいい出会いをする」って。だから、自分から言わなくても、自分がいい絵を描けたなら、きっと、その絵は、違う人といい出会いを、偶然どっかでするんだろうなあって、信じてたんです。だから、自分から公表する必要はないんだろうって思ってました。

ーずうっとひとりで絵を描き続けて、それは、いい絵が描けたら必ず何かあるっていう一点の希望だけで

 そうですね(笑)。いじめられてるときも耐えられたのは、いじめられて耐えてるけども、絶対その分、何か、天が何かを与えてくれるはずだって、信じてたんですよ。人と同じにできなかった分、何か埋めてくれるんじゃないかっていう、期待があって。それで我慢できたんですね。いじめられてても、わたし一日も学校休んだことなくて、皆勤賞なんですよ(笑)。

 §  §  §

 勝山さんは、静かで、にこやかな方です。けれど、よく聞いてみると、とても変わった感覚で生きて来ているようです。
 勝山さんのように、何かひとつの、ほんの小さな信念に従って、ずっと生き続け、そして、生き続ける結果として、新しい創造物を生み続けている、そんな姿が、こんな世の中ではとても価値があると思います。時代の潮流に乗った美しいキャリアよりも、むしろ。
 作品に対する評価とは別に、アーティストの動機や姿勢、そして、そこに創出されるエネルギーが、人を惹きつけることがあります。後編では、いよいよ、多角的に分岐して行ったアーティスト・勝山ゆかこの、表現の奔流に触れてみることになります。面白いですよー。

【Ngene掲載:2007年3月1日】

|前編|後編

=====

katsuyamayukako-thumb.jpg
勝山ゆかこ
1975年長野県須坂市生まれ。長野市在住。
絵、オブジェ、インスタレーション、写真、イラストなど、手段・手法にとらわれず独自の切り口で創作活動を続けている。2006年から新たにハンドメイドの彫金ブランド百文[ momon ]を展開。
momon | Yukako Katsuyama
百文[ momon ]
Ricky
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
main_line
main_line
プロフィール

宮内俊宏

Author:宮内俊宏
音楽・文化・アートを柱に、社会が、おもしろく、少し幸せになるような、いろいろなことを試みています。

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。