スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜月まつり

 宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の冒頭。次々と夢幻の岸辺に降り立った、八百万の神様たちが、陽が落ちてあたりが暗くなるころ、灯りのともり始めた油屋という温泉宿に集まって、賑やかに宴を繰り広げる。
 これは、宮崎駿監督が、テレビで見た霜月まつりから着想を得たという。長野県の最南端、遠山郷から天龍村にかけて、古くから伝わる霜月まつり。全国の神々を里に招き入れ、一晩中、湯を立てて、神楽を奉納する、素朴で荒々しくも優雅な祭です。

shimotsuki1

 2007年12月10日夜、遠山郷、木沢正八幡神社。
 それは、すごい祭でした。

 一晩中、断続的に続く太鼓、鈴や笛の音。次々に、神楽歌や舞い、祈りが奏上される。三つ並んだ竃には、絶えることなく薪が焚かれ、ぐらぐらと湯釜が煮えたぎる。夜半を過ぎて、神々の面(おもて)が続々と登場して来るころには、眠気と湯気と煙で眼が痛くなってくるのだけれど、面白くて、そこを離れることができません。
 哀調を帯びた笛の旋律はシンプル。楽しませるようなドラマティックな展開はありません。奏上される言葉の意味もほとんどわからなくて、観衆は、そこで行なわれることを、社殿の中で環視しているだけなのですが、どうして、この祭はこんなに面白いのでしょう。

 遠山郷は、長野県の東南部を南北に走る伊那山脈と赤石山脈に挟まれた渓谷の里。切り立った山々が、迫るように東西を挟み、つづら折りの谷筋を流れる遠山川に沿って、集落が点在しています。霜月まつりは、この遠山郷にある13の神社と、南隣りの天龍村にある3つの神社で、12月初旬から翌正月初旬までの間に、順次行なわれるのです。多くが旧暦によって行なわれるので、曜日は関係なく、今回訪れた木沢正八幡神社の霜月祭も、月曜日の夜でした。

 木沢正八幡神社。
 長い、急な石段を登ったところに、大きな杉の樹々に囲まれた社殿があります。神殿の奥に、古い大きな神棚を構える座敷があって、手前には、土造りの大きな竃を中央に設えた土間があります。この竃の周囲が、舞殿、祭の舞台です。
 祭には、正八幡神社をはじめ、村内に祀られている遠山の神様たちが、全国の神々を招待して、お湯をさしあげ、神楽や舞を見せるという物語があり、クライマックスになると、神社に奉納されている面(おもて)が、次々に登場して舞い踊ります。

 当日、朝のうちに、幣束や和紙細工で社殿を飾り付け、午後、宮司、祢宜(ねぎ)、そして、氏子の代表が集まって、お祓い、神殿の扉を開くところから、祭は始まります。そこから、幾度かお祓いや祝詞が繰返され、神々の道を浄め、呼び集め、神々への願いを奏上した後、夕方、あたりが暗くなったころに、湯立てが始まります。

 そして、翌朝、明け方に祭が終わるまで、踊りや詠い、祈祷が、延々と続きます。
 霜月まつりの祭式に関する詳細な記述は、他に良いものがあるので、ここでは割愛しますが、とにかく、神楽は、夜じゅうずうっと続きます。通奏される太鼓のテンポが、波のように押したり引いたりしながら、それにつれて、笛の音もさまざまに表情を変えます。太鼓と笛が絡み合った楽の音は、夜の深まりとともに熱を帯び、詠い、舞い、浄め、祈り、祭は次第に高揚して行きます。

 時間を追うごとに観衆の人数も増え、社殿の中は、竃の熱気と湯気と薪の煙でいっぱい。標高の高い山間地で、冬のさなかの深夜の祭、ということで、重ね着したり、使い捨てカイロを持ったり、いろいろな準備をして来たのですが、社殿の中にいると、熱くて、一切必要ありません。
 熱くて汗ばんだり、煙に燻されて涙が止まらなくなると、時折外に出て、社殿の前の焚火にあたります。冷たく澄んだ空気に漂う、芳しい薪の燃える匂い。連子窓から漏れる光と影を眺めながら、聴こえて来る太鼓と笛の掛け合いも良いものです。

 始まりから終わりまで、ずっと太鼓と笛を演奏しつづけるのは、エンジ色のはっぴを羽織った、中学生と高校生のグループです。笛の合間に詠ったりもします。中心になって吹いている子は、来春、高校受験だそうです。
 傍らで、小学生の子が数人、見よう見真似で笛を吹いています。細かいところまでしっかりした指使いで、旋律を辿っています。きっと、数年すると、あのはっぴを着て吹くのですね。

shimotsuki2

 地元の人々も、観光や研究のために訪れた人も、この祭に来たら、芳志を奉納します。それは、入場料として徴収されるわけではなく、誰かに要請されたり、指示されたりするわけでもなく、「一口いくら」というような、奉納を示唆したことが掲示されているわけでもありません。たぶん、社殿に足を踏み入れて、祭のエネルギーに触れると、自然に奉納したくなるのです。奉納した人の名前は、半切紙に墨書されて、社殿の壁に次々と貼り出されて行きます。
 ちょうど湯立てが始まったころに到着した僕も、しばらく祭を観ているうちに、お金を奉納しないと、この祭の仲間になれないように感じて、混雑した社殿の中に社務所を訊ね、小額を奉納して、お札を受取りました。そのお札を手にしたことで、なんだか、祭の仲間になれたような、誇らしい気持ちになるのです。

 規則に従って、表示金額を払うのではありません。自分が祭に参加することの価値を感じ、その気持ちに従って、自分が払える金額を払うのです。お金が先にあるのではありません。人間の気持ちが先にあるのです。祭の空気を感じる能力、誇りを持つ能力、尊いものに敬意を払う能力、現代の日本の社会から削がれてしまった、それらの能力がなければ、成立しないことですが、本当にあるべき、お金の価値や役割が、そこにあるのだと思いました。

shimotsuki3

 午前3時。
 祭のクライマックスで、四面(よおもて)という主役を演じる4人の若者が、遠山川の河原で、厳寒の川水を浴びて「禊(みそぎ)」をします。神社から、提灯の灯りだけを頼りに、真っ暗な林を抜けて、近くの河原まで歩くと、河原では、ぼうぼうと焚かれた大きな焚火の周りに、提灯を下げた人が集まっています。空は、冴え冴えと晴れ渡って、零れるような満天の星が見事です。

 禊から帰ると、神社では、鎮めの湯という儀式が、淡々と続けられていました。露払い的な儀式です。この後が、祭のクライマックス。舞殿の中は、観客でいっぱいになります。新しい薪が焼べられて、眼に滲みる煙の匂いが一層強くなります。

 八百万の神々の面が、氏子に案内されて、次々と釜の周りを練り歩いた後、午前4時過ぎ、四面の赤い面をつけた若者が、ひとりずつ、舞殿の中に登場します。
 神殿の奥の座敷から、威嚇するように、挑発するように、舞殿を見渡した後、力いっぱい飛び降りて、竃の周りを暴れ歩きます。半周ぐらいしたところで、勢いよく走って、観衆の中に飛び込みます。あっちへ走ったり、こっちへ走ったりしながら、モッシュ&ダイブを繰り返すのです。観衆は、それをしっかり受け止めなければいけません。
 ひとしきり暴れ回ると、待ち構えていた氏子たちに捕まえられて、もみくちゃになりながら、奥の座敷へ押し戻されます。

 舞殿の中は、湯気と煙が立ちこめて、白い煙幕になっています。眼が痛くて涙が止まりません。

 四面がそれぞれに暴れ回った後は、両老神という男女の神様が現れ、観衆の間を遊び歩いた後に、和合するような、狂言にも似た滑稽な仕草をしたり、大黒天が福を播いて一周したり、稲荷、水の神や大天狗など大人の神々が練り歩いて、午前5時過ぎ、神々はすべて、姿を消します。

 舞殿では、夜明けを告げる歌がうたわれ、宮司と祢宜が刀と塩で湯釜の四方を浄めます。
 長い祭が終わりました。

shimotsuki4

 これだけの祭になると、学術的な興味も尽きないと思いますが、それよりも、祭のエネルギーを受取って高揚するだけで、開放された楽しい気持ちになるものです。日常的な箍がはずれて、とても自由になった精神が、ぽっかりと灯る神社の、篝火と楽の音に遊び、舞い踊る。
 こんなエネルギーは、きっと人を動かします。人の感受性が正直であれば。

 ここは、限界集落と分類される地域です。若年層が流出し、高齢者は体力に限りがあり、荒廃した農地が増え続けています。
 木沢正八幡神社の石段下では、鎌倉商店という雑貨屋さんが、祭の間じゅう店を開けて、集まる人達を歓待していました。ご主人がとても陽気で、祭では大黒天を舞うおじいちゃんです。知らない人でも、どんどん引っ張りこんで、お酒やご馳走を振る舞っています。話し好きで、日本の食料政策の過ちと、世界資本による食料市場の我田引水的な操作と、この谷間の遊休農地の悩みを、合わせて認識しているおじいちゃんです。
 「農地の荒廃は、わしらが怠けていたせいじゃない。この地域に今いちばん必要なのは、それを食い止める手だてだ」
 陽気に酔い、みんなに酒を勧めながら、しっかりした眼差しで、そうおっしゃっていました。

 祭は、その日おこなわれていることがすべてではありません。ずっと続いている、人々の生活や、地域のさまざまな状況と繋がりながら、厳しい環境の中で、それでも生きている、強いエネルギーを孕んでいるんだと思いました。それが、この祭に積み重ねられた魅力かもしれません。

【遠山郷観光協会】

【Ngene掲載:2007年12月20日】
 § § §

【追記:2011年3月15日】

 民俗学的な価値、地域文化資源としての価値、いろいろな価値が、この祭にはあると思います。けれど、それよりも、もっと積極的に、それらの価値を保有しているということも含めて、歪みきってしまった現代社会の、さまざまな問題を打開するヒントが、この祭には、潜在しているのではないかと思うのです。

 資本主義の仕組みによって、ここまでやって来た現代社会。
 自然の中で生まれ、労働し、思想を持ち、科学によって解明し、芸術によって創造し、自然の形を変え、産業を興し、経済原理を生み、粗野な状態から、人間の欲望を原動力にして、めざましく高次に発展してきた社会。とりわけ、資本主義による攻撃的な経済運営は、人間の自由や、科学、芸術、産業を飛躍的に発展させました。けれど今では、その資本主義が本来的な性質として生み出してしまう矛盾や人間疎外が、この仕組みの中では解決できないほどに膨大になって、随所で露頭し、噴出しているのです。

 いろいろな意味で、資本主義社会の末端、中心地から遠く距離を隔てた山間地、遠山郷。
 人間にとって、その存在の基盤となる自然が間近にあり、自然から直接に生産、発展する労働があり、対して、資本主義的な価値観や生産される商品は、その中心地に比して、少ない。したがって、資本主義社会以前の、原初的な価値観、純朴で平安な神の存在、政治や経済の枠が組み込まれる以前の、自立心旺盛な共同体のかたち、人間本位の社会の姿が、ここにはあり、そして、その日々を治める政(まつりごと)としての自分たちの祭祀が、現存している。

 霜月まつりの様子に、そんな予感を感じて、その後しばらく、この信州南部の山村地域を見て歩きました。
 それは、とても面白い、興味深い経験でした。

 民族の思想は、その習俗の中に潜み、育まれると思います。霜月まつりのように、中世以前から続いている祭祀、行事は、日本全国各地にあり、そこに、日本の、この国土から生まれた社会のありかた、伝承されるべき原型が、埋め込まれているはずなのです。
 ひときわ真面目に経済発展に専心した結果、国の根本を失なってしまった日本の社会にとって、それは、いま、掘り出して見ておく必要のある、ひとつの原型なのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

宮内俊宏

Author:宮内俊宏
音楽・文化・アートを柱に、社会が、おもしろく、少し幸せになるような、いろいろなことを試みています。

カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。